ひでしな商店

古材、古建具、古道具の販売|ひでしな商店

商品カテゴリ

コンテンツ

店舗紹介
再利用事例

HOME»  再利用事例一覧»  再利用事例|芝の家

芝の家 東京都港区 竣工Oct.2008




港区芝にオープンした「昭和の地域力再発見事業」の
拠点
としてのコミュニティースペース





港区と慶應義塾大学とが連携協力して、昭和30年代にあった
温かい人とのつながりを再生しようという
「昭和の地域力再発見事業」の拠点として、
その頃のイメージに合わせて改修したスペース


ALC造の建物の外壁には古材の下見板を張り、
アルミサッシの建具は枠を廻しなおして古いガラス戸に入れ替え。

外からも気軽に立ち寄れるように縁台を制作。


室内の収納棚。
引き戸式の黒板や、中段のデスクスペースなど、自由度の高い収納になっている。

床は無垢の杉材、天井・壁は紙クロス、塗料は全て植物油をベースにしたものや、
柿渋などの自然塗料仕上げ。






元車庫のスペースを、壁を撤去して床を張り作業室に変更。
間仕切りは古いガラス戸で。


玄関スペース。照明も古いペンダントを用いて。


バックヤードの出入口も古い舞良戸に。


昔の民家で使われていた下足入。


玄関には古い照明と、木製のポスト。


外側から見た作業スペース。


入り口の外観。


写真は完成直後の何もない状態ですが、
現在は地域でのイベントを始め、昼間はお年寄りの方が、
午後は学校帰りの小学生が自由に出入りして、
ご近所の方の交流する賑やかな場所になっています。





再利用材:
ガラス戸
板戸
スギの下見板
ちゃぶ台
ランプシェード
郵便箱
靴箱
醤油樽