ひでしな商店

古材、古建具、古道具の販売|ひでしな商店

HOME»  再利用事例一覧»  再利用事例|U邸 竣工 Aug.2002

U邸 東京都新宿区 竣工Aug.2002

築約20年のマンションの内装リフォーム



和室の萩戸。
夏の建具として障子戸と交代して用いられる萩戸だが、
収納場所が無いためプリーツスクリーンを兼用して
一年を通して使用。

既存アルミサッシより萩戸の内法高が低かった為、
鴨居を窓からスクリーンの奥行き分離して新しく造作している。
これにより、スクリーンを上げた時、萩戸しか見えない。
足りない横幅も新しい枠の外に木をかましてきれいにカバー。

新しくしき直したタタミは縁のない琉球タタミですっきりと。




食堂と和室の新しい間仕切り。
差し鴨居風に新しい梁を入れ、大阪障子を再利用。
袖壁には欄間を用いている。
障子の腰ガラス部に和紙を貼って視界を遮り、
和室を落ち着かせている。
壁は珪藻土塗り、木部は柿渋塗り。

Uさんは、江東区・伝承館で指物を学び、
この大阪障子の丈直しもご自分でやられたという芸達者な方。



大阪障子の夏季使用時。
障子を外すと格子戸になり、
通風も充分取れる。





再利用材:
大阪障子
萩戸
欄間